アナドリン(オキサンドロロン)の効果・副作用・サイクルについての解説

アナドリン(オキサンドロロン)の効果は?副作用やサイクルについて

アナドリンの最安値はこちら↓ ↓ ↓

今なら1本2,953円 ↑ ↑ ↑

筋力増強を目的としている場合に有効な成分となるオキサンドロロン。

このオキサンドロロンを効率よく体に吸収させるのに最も適していると評判なのがアナドリンです。

主となる効果は体へのタンパク質合成促進による筋肉増強ですが、その他にも脂肪燃焼や骨の強化、体力消耗の回復といった効果が期待できます。

そんなアナドリンですが、次のような不安や疑問があるのも事実です。

  • どのような効果が見込める?
  • 副作用にはどんなリスクがあるの?
  • 効率の良い飲み方・サイクルは?

そこでここでは、アナドリンの疑問や不安についてお答えします。

簡単に言うと、

副作用のリスクを最小に抑えつつ効率良く筋肉増強をしたいひとにうってつけの商品

です。

理由はこのあとに続く、効果・副作用・サイクルによるコスパの解説から紹介します。

逆に、副作用が起きてもまったく気にしないからとにかく効果が絶大なやつがほしい。というひとには向いていない商品とも言えます。

アナドリンは日本では販売されていないため通販からの入手となりますが、品質的には国立の医薬品食品衛生研究所の資料から分かる通り、正しく使えばそれほど心配の必要がないことが分かります。

\ 最安値はコチラ /

アナドリンを買いに行く

※只今、複数購入で割引中です

 

アナドリンの効果は?特徴的な3つのポイント

アナドリンは、筋肉増強を促す有効成分「オキサンドロロン(Oxandrolone)」を含んだ人気の商品。

なぜ人気なのか?というと、次の効果や特徴があるからです。

アナドリンの効果

  • 自然でマイルドな効果
  • 副作用が起きにくい
  • 脂肪を減らしたい男女にも向いている

 

自然でマイルドな効果

マイルドな効果と言ってもサプリや市販のプロテインなんかよりは断然効果が見込め、短期間で効率良くボディメイクをすることができます。

ただし、外国人のような筋肉隆々のマッチョボディを求めるにはアナドリンでは少し物足りないと感じるひとがいるのも事実です。

見込める効果の強さ

サプリ > プロテイン > アナドリン(オキサンドロロン)

 

他と比べて副作用が起きにくい

アナドリンはアナボリックステロイドという区分に入り、初心者の方の中にはステロイドと聞くと「なんだか怖い」と感じるひともいますが、いわゆる炎症の患部に使うステロイドとは異なるものです。

また、アナドリンに含まれるオキサンドロロンはマイルドな成分のため体への負担が少なく、他のアナボリックステロイドより副作用が起きにくくなっています(個人差はあり)。

ですので、副作用のリスクを最小に抑えつつ効率良く筋肉増強をしたいというニーズに最適。ということなんですね。

そのため初めての方にもオススメで人気があるというわけです。

※アナボリックステロイドについてや副作用が起きる場合の症状とケア方法は後ほど解説します。

 

脂肪を減らしたいひとにも向いている

アナドリン(オキサンドロロン)の一番の効果は筋肉の増強ですが、脂肪を減らしたい場合にも効果が期待できます。

 

アナドリンのその他の効果

筋肉増強や脂肪を減らす効果の他に、赤血球を増やすことで貧血を改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなる骨粗しょう症の予防効果が見込めます。

また、手術・慢性感染症・重度の外傷による体重減少後の補助療法にも使われることもあります。

 

実際にどれくらいで効果を感じられたか

私のケースですが、筋力トレーニングはジムに週3回ほど通っており、1時間ほどを掛けて一般的な腕周り、胸や胴体、足周りを鍛えています。

 アナドリン摂取前摂取から1ヶ月後
体重62kg67kg
体脂肪率15%13%

1ヶ月で5kgの増量と脂肪の3%減少です。

正直、筋肉を増やすのは難しくありませんでしたが、それと同時に脂肪を落とせているので個人的には使い続けています。

ただ、脂肪率の減少は10%台からキツくなっていくとは思っているんですよね。

あくまで私のケースですので、性別やトレーニング方法によって違いはありますが、ひとつの目安として参考にしてください。

 

知っておきたいアナドリンの基本的な使い方

アナドリン(オキサンドロロン)を筋肉増強や脂肪燃焼を目的で使用する場合の用法用量は以下の通りです。

 

男性の使用例

一般的な使用量:1日あたり20〜30 mg
より効果的な量:1日あたり40-50mg

オキサンドロロンの半減期(効果持続時間)が約8〜10時間とされているので、これらの使用量を1日2回に分けて摂取しましょう。

もちろん自分流にカスタマイズしても構いません。

20mgの例:10mg×2回

一部の男性はよりハードな効果を求める為に1日あたり80〜100 mgを使用しますが、個人的にはおすすめしません。

どうしても大量に摂取したいのであれば、副作用を引き起こす可能性が高まることを十分に理解し、ケアを考えてからの使用が推奨されます。

 

女性の使用例

一般的な使用量:1日あたり5〜10 mg
より効果的な量:1日あたり15mg

オキサンドロロンの半減期(効果持続時間)が約8~10時間とされているので、これらの使用量を1日2回に分けて摂取しましょう。

効果や副作用が気になるので量は増やさず飲む回数を増やすというのももちろん問題ありません。

10mgの例:5mg(半錠)×2回

あらゆるサイズに対応したおすすめ錠剤ピルカッターはこちら

女性が1日あたり10mg以上を摂取すると男性化(声の変化や多毛など)のリスクが考えられるため、効果を強く求めるために摂取量を増やす場合はこの後に紹介するケア剤を使いましょう。

先に副作用とケア剤の項目を見る

女性の場合、1日に20mgを超える量はほぼ確実に男性化の副作用が表れると考えてください。

 

筋肉増強目的ではない場合(ダイエットなど)のアナドリンの使用量

筋肉を付けるというより脂肪燃焼効果によるダイエット目的でアナドリンを使いたい。という人もいるでしょう。

その場合は、本場アメリカの販売元による一般的な用法・用量が参考になります。

本来は医学現場における怪我や手術後の体力強化としての効果を想定した摂取量ですが、最小限でアナドリンの効果が見込まれる摂取量ですので、2.5mgからスタートして脂肪燃焼による減量効果を測りながら飲む量を調整するのが最も効率的です。

成人で、1日2.5~20mg(0.25~2錠)を2~4回に分けて服用

この使い方から分かる通り、アナドリンの1日の摂取量は人によって幅広く、自分に合った使い方ができるということが分かったかと思います。

 

上手な使い方

早く筋肉を増やしたい、脂肪を減らしたい。と考えるあまり最初から多く摂取するのは危険です。

上記したようにアナドリンは幅広い使い方に対応したアナボリックステロイドです。

少量から摂取し自分の体に副作用が出ないか確認しながら使っていきましょう。

 

カフェインとの同時摂取は危険

一般的な薬同様、吸収力が強い成分と同じタイミングで摂取すると想定より成分の吸収が強まるため、血中濃度が高まり副作用が起きやすくなります。

アナドリンの場合であれば、オキサンドロロンがコーヒー(カフェイン)と同時に摂取された場合に該当します。

 

アナドリンのサイクル、初心者・中級者・上級者用3パターン

基本的な使い方で解説したように、アナドリンの1日の量は5~50mg(副作用をおそれないのであれば80mg)であることはお伝えしました。

この基本的な使い方を元にアナドリンのサイクル例を初心者・中級者・上級者の3パターンご紹介します。

 

初心者用サイクル例

アナドリンを含むアナボリックステロイドのサイクルを初めて経験する場合の例です。また、ならべく副作用リスクを抑えたい人にもおすすめのサイクルです。

期間使用量
1週目10mg
2週目20mg
3週目30mg
4週目30mg
5週目20mg
6週目10mg

 

中級者用サイクル例

アナドリンに限らず、アナボリックステロイドを使用したサイクル経験があり、多少の知識がある方に向けたサイクル例です。

期間使用量
1週目20mg
2週目30mg
3週目40mg
4週目40mg
5週目30mg
6週目20mg

 

上級者用サイクル例

副作用のリスクを十分理解した上で、よりアナドリンの筋肉増強・脂肪抑制効果を感じたい方のサイクル例になります。

人によっては少ないと感じるかもしれんせんが、これ以上の量は副作用を引き起こす可能性がかなり高くなるのでおすすめしません。

あらかじめこの記事で紹介している副作用に対するケア剤をご準備の上でサイクルに入りましょう。初めての方には向いていませんのでご注意ください。

期間使用量
1週目30mg
2週目40mg
3週目50mg
4週目60mg
5週目60mg
6週目50mg
7週目40mg
8週目30mg

 

サイクルが終わったら(オフサイクル期間)

これらのサイクルが終わったら、サイクルと同じ期間だけ休薬して体を休ませましょう。

そんなに休んでいられない。という方であっても、4週間以上は空ける期間が必要です。

 

アナドリンの副作用

アナドリン、またはアナドリンにに含まれる成分オキサンドロロンによって引き起こされる可能性がある副作用について解説します。

大きく言ってしまえば、アナボリックステロイド全般で引き起こされる可能性がある副作用ですね。

アナドリンの服用ですぐにあらわれるというよりは、徐々にその傾向がでてくるケースが多いです。

ここでは副作用がでる可能性が低いものも解説していますが、ケア方法もあるので過度に警戒するよりは少量の摂取(サイクル)で様子を見ながら服用するほうが自分の体に合った服用方法を見つける近道です。

主な副作用

  • 肝臓や胃腸の機能が低下する
  • 女性化・男性化現象
  • 毛が抜ける・毛が増える
  • 精神が不安定になる
  • 男性機能の異変

 

肝臓や胃腸の機能が低下する

肝臓・胃腸の低下によって引き起こされる症状は以下の通り。

  • 皮膚や目が黄色くなる
  • 体がかゆくなる
  • 体がダルくなる
  • 吐き気
  • 食欲不振

 

アナボリックステロイドの中でもオキサンドロロンは肝臓や胃腸への負担は少ない方なので、これらが引き起こされるリスクは低いとされています。

それでも効果の項目で説明したように、効果の持続時間が長いため肝臓への負担は少なからずあります。

また、人によってはサプリやプロテインでもこのような症状が表れることがあるので注意が必要です。

 

肝臓・胃腸機能低下のケア方法:食生活で肝蔵や胃腸への負担を減らす

日常的な食生活に気を付けることで副作用リスクを抑えることができます。

お酒やカフェインなど、肝臓・胃腸への負担率が高いものはできるだけ避けましょう。

肝臓や胃腸機能の低下に対するケアとしてのサポートサプリにはシリマリンが使われます。

 

男性化・女性化現象

アナドリン(オキサンドロロン)の摂取量が多い場合にこれらの副作用が引き起こされる可能性がありますが、使用方法・サイクルで説明した標準的な量であれば可能性は低いと考えてよいです。

女性化現象(主に男性の副作用)

アナドリンの使用によって増えすぎた男性ホルモン(疑似テストロテン)が女性ホルモン(エストロゲン)と変質し、一部機能が女性的になります。

  • 乳房の膨らみ
  • 男性機能の低下

男性化現象(主に女性の副作用)

アナドリンの使用によって男性ホルモン(疑似テストロテン)が増え、一部機能が男性的になります。

  • 月経異常
  • 嗄声(させい - 声のかすれ)
  • にきび
  • 色素沈着
  • 性欲の高まり

 

男性化・女性化現象のケア剤は男女で違う

男性化や女性化のケアは副作用があらわれてからでも良いでしょう。

副作用があらわれたらアナドリンの量を減らし、下記から自分に合ったケア剤を使いましょう。

男性の女性化の場合は、女性ホルモンを抑制するケア剤を、女性の男性化の場合は、男性ホルモンを抑制するケア剤です。

少しでも費用を抑えたい人用に効果がそれほど変わらないジェネリック品もご紹介しておきますね。

男性の女性化に対するケア:タモキシフェン商品 → 『ノルバデックス-D(Nolvadex-D)』またはジェネリック品『モデックス(Tamodex)

女性の男性化に対するケア:クロミフェン系商品 → 『フェートガード(Fertogard)』またはジェネリック品『クロメン(Klomen)

 

髪の毛が抜ける・体毛が増える

頭の毛が抜け、脱毛症状(ハゲ)が見られることがあります。それには反し、腕や足など体毛が増えてきます。

この副作用も男性は男性ホルモンの過剰増加による女性ホルモンへの変質、女性は男性ホルモンの過剰増加による現象です。

 

脱毛や多毛に対するケア方法

女性の場合は上記の「男性化・女性化現象」の副作用のケアで挙げたクロミフェン系商品がケア剤にあたります。

 男性の場合は脱毛に対するケアとして『フィナロイド(FinaLloyd)』を利用するのがおすすめです。

フィナロイドはプロペシアのジェネリックで、フィナロイドとプロペシアの効果には大きな差はありません。

しかし効果に大きな差がない割にブロペシアは値段が2〜3倍するので、体に合わない人以外はジェネリックであるフィナロイドを選択すること多いです。

 

男性機能の異変

人間本来の機能では男性ホルモン、いわゆるテストステロンを生成する能力が備わっています。

しかし外部からのステロイド(男性ホルモン)摂取によりテストステロン生成能力が徐々に低下する場合があります。

その場合「陰茎肥大、持続性勃起、精巣機能抑制」と言った副作用のリスクがあります。

 

男性機能の異変のケア方法

減少した男性ホルモン生成能力を回復させるにはサイクルの終わり頃にクロミッドを使いましょう。

 

精神状態(メンタル)の不安定になる

ホルモンバランスの変化によって急に怒りっぽくなったり気分が落ち込み塞ぎがちになるケースがあります。

他の副作用が一切なくてもメンタル部分には影響があったというひとも少なくありません。

ですので、メンタル面に心当たりがある人はあらかじめケア剤を用意し安心を確保しておくのが良いでしょう。

 

精神状態が不安定になるのを防ぐには

うつ病の緩和や抗ストレス作用効果に期待ができる『L-チロシン(L-Tyrosine)』がおすすめです。

その効果は精神の安定化だけでなく、集中力や記憶力の向上、白髪予防にも効果が見込めるとされています。

 

アナドリンの口コミ評判は?

それでは実際にアナドリンを購入した人たちのレビューから見ていきましょう。

より広い意見を知るために、2ch(現5ch)やSNS、人気通販サイトオオサカ堂、その他から口コミ評判をまとめました。

悪い口コミも掲載しているので購入の参考にしてください。

2ch(現5ch)での口コミ

男性口コミ

2chの口コミ抜粋1

体の形をくっきりさせるカットに最適なのを探してるならアナドリンがいいよ
でも脂肪も増やして体重増量したいなら向いていないから気をつけて

男性口コミ

2chの口コミ抜粋2

ダナボルを使っていたが、性欲減退してしまって困ったのでアナドリンに変えた(笑)
サイクル初日20mgから初めて3週目で今のところ大丈夫

男性口コミ

2chの口コミ抜粋3

効果や飲む量で副作用も個人差あるからハッキリ言って合う合わないだし自分の体で試せと言いたいが初心者ならアナドリンが良いんじゃないか?

 

 

SNSでの口コミ

男性口コミ

SNSでの口コミ抜粋1

経口ステロイドのアナドリンあたりが肝臓の負担と副作用が少ないかも
それでもケア剤はあった方がいいかな

女性口コミ

SNSでの口コミ抜粋2

効果が高いけど副作用が怖いアナボリックステロイドだけど
アナドリンは「ガールズステロイド」と言われるくらい男性化の恐れが少ないので使ってる

男性口コミ

SNSでの口コミ抜粋3

副作用が怖いからオキサンドロロン!ってことでアナドリン使用してます。比較すると安いですからね。トレーニング時からすぐに筋肉のパンプアップ具合の大幅な変化が感じられました

 

通販サイトオオサカ堂の口コミ

男性口コミ

オオサカ堂での口コミ抜粋1

40代後半の男性です。
1回1錠を1日2回飲んで30日間トレーニングしてみました。
期間中は、非常にやる気満々になり、筋肉も増強した感じです。
ステ初心者には、おすすめかと思います。しかし、肝臓ケアなしだったため、健康診断をしたところ、肝臓の脂質異常がでてしまいました。(LDLが増えHDLが極端に減ってしまった)
副作用は少なく効果は高いと思いますが、肝臓ケアをしながら使用したほうがよさそうです。

男性口コミ

オオサカ堂での口コミ抜粋2

使い続けて数ヶ月、副作用はなく、効果の程は若干感じるかなっといったところです!
結局のところ、しっかり食べて、しっかりトレーニングをするが大前提。
その上で服用するが最短距離だと実感。
ただ42歳で170cm・70kgで1日4000カロリー摂取で半年、体脂肪率14%なかなかの数字だとは思います。

男性口コミ

オオサカ堂での口コミ抜粋3

薬ですから副作用(の可能性は)あります。しかし、風邪薬や頭痛薬でも副作用はあります。市販薬でも過剰摂取や飲み合わせで甚大なダメージが出る可能性もあります。効果を急ぐあまり分量を増やさないこと、これに尽きると思います。
あと、飲酒、喫煙は厳禁!肝疾患、高血圧性疾患を極力回避するために我慢するしかない。

女性口コミ

オオサカ堂での口コミ抜粋4

リピーターです。
私は1錠を半分ずつ朝晩の食後に飲んでいます。
これを飲むとパワーが出てきてよりいいトレーニングができると思います。
定期的に使用をやめているのですが、その時は体重も減り力がいまいちでない気がします。
私の気持ちの問題かもしれませんが・・・
でも、なくなったらまた購入したいです。

 

アナドリンの口コミ・評判をまとめると

良かった口コミ

  • 体のラインをくっきりさせるのに良い
  • 副作用のリスクが低め
  • 女性にも向いている

一方で、一部の悪い口コミは、

悪い口コミ

  • ケアなしだと副作用が出るひともいる
  • しっかり効果を感じたいならトレーニングが必要

と言った意見もありました。

これらの口コミも十分参考になりますが、自分の体で試してみないと分からない部分もありますので、少しでも興味があるなら購入してみても良いかもしれませんね。

アナドリン最安値はこちらからどうぞ

 

Copyright© アナドリン(オキサンドロロン)の効果は?副作用やサイクルについて , 2019 All Rights Reserved.